top of page
220510 (24)_R.JPG

屋根リフォームの
厳選材料へのこだわり

​高い耐久性と品質で安心をご提供します

屋根材の耐久性が高いのは当たり前の時代になっています

一方で屋根材以外の部材の耐久性は見逃されていることがあります。

特に防水シート、棟板金を留め付ける木材などについて、

みさとルーフではこだわりをもって部材を厳選ました。

厳選材料へのこだわり: 詳細

屋根リフォームの厳選材料

”安かろう悪かろう“はなかなか見抜けない

みさとルーフでは屋根材だけではなく、副資材である防水シートと木材の耐久性も追求しています
屋根の表だけではなく、葺いてしまえば見えなくなる屋根材の下にも耐久性を求めて材料を厳選しています

IMG_2765_R.JPG

エコル

天然石付きガルバリウム鋼板屋根材

製品の詳細
210907 (42).jpg

ビオフェルト

粘着式
改質アスファルトルーフィング

製品の詳細
220422 (3)_R.JPG

ウッドスター

特殊樹脂押出成形低発泡体

製品の詳細
厳選材料へのこだわり: サービス

<厳選した材料のみを扱う理由>

特に屋根材は「再塗装」を必要としない屋根材を選んでいただきたい

最近は施工件数がかなり拡大しているガルバリウム鋼板の屋根材ですが

耐久性が高いことがウリである一方で定期的な塗装が必要になります

(ガルバリウム鋼板の屋根材の種類によります)

スレート屋根への塗装も定期的に塗装が必要になりますが、

カバー工法で新しいガルバリウム鋼板の屋根を葺いても

また塗装が必要になるなんて​あまり聞きたくない事実かもしれません

IMG_5247_R.JPG
厳選材料へのこだわり: 詳細

【理由①】屋根材
塗膜の劣化は防げない

耐久性としては抜群の高さを誇るガルバリウム鋼板であっても、表面の塗膜は絶えず紫外線を浴びて劣化は進んでしまします。

​ガルバリウム鋼板の屋根材でも塗膜の劣化を補うために定期的な塗装メンテナンスが必要です。

一方で、みさとルーフでは、屋根材の表面に天然石が吹き付けてあるガルバリウム鋼板の屋根材を標準仕様とすることで、屋根の塗装メンテナンスを必要としないカバー工法を請け負っています。

​屋根は少なくとも30年は手を入れなくてもご安心いただけるリフォームにすることで、他の場所で修繕が必要になった場合に備えてリフォーム資金を確保していただきたいと考えています。

DSC_1402_R.jpg
厳選材料へのこだわり: 詳細

【理由②】防水シート

​二次防水という考え方

屋根の防水機能には、屋根材の耐久性だけではなく、

屋根材の隙間から水が入った場合に備えて防水シートが重要です。

カバー工法で屋根をリフォームする際は、

粘着式の防水シートの使用を屋根材メーカーは推奨していますが

リフォーム店の多くは粘着式の防水シートを使っていません。

一般的な非粘着式の防水シートはアスファルト層が薄いため

防水シートの硬化が早くひび割れや亀裂などの劣化が顕著で、

屋根材の耐久性とは裏腹に防水シートの耐久性が見合っていない

​屋根リフォームが多く見受けられます。

DSC_1402_R.jpg
厳選材料へのこだわり: 詳細

とある屋根材

ガルバリウム鋼板の屋根材として人気の製品

塗膜保証 15年

赤さび保証 20年

穴あき保証 25年

​定期的に再塗装をしないといけないことは、保証期間を見てもわかります。

DSC_0900_R.jpg
厳選材料へのこだわり: 詳細
厳選材料へのこだわり: HTML の埋め込み
bottom of page