• みさとルーフ

屋根は家の守り神なんです

こんにちは。

みさとルーフの船引です。


仕事柄、街を歩いていても車で移動していても、

どうしても戸建て住宅の屋根に視線が行ってしまいます。


上を向いて~あるこぉ~♪♪

なんて坂本九さんの歌詞が出てきますが、

以外にそんな悠長な歌を歌っていられない光景を

目にすることがあります。



外壁はすごく綺麗なのに、屋根がボロボロになってる。。。

そんな光景を目の当たりにすることがよくあります。



どうしても屋根までは普段から見ることが無いので、

大切なご自宅のメンテナンスは外壁塗装が先になってしまいますよね。


もちろん、家主さんも気になっているのだと思いますが、

まだ雨漏りもしてないし、、、ということなんだと思います。



が!しかし!

屋根は日中に絶え間なく紫外線を浴び続け、

雨にも風にも昼夜関係なく晒される、とても過酷な場所です。


逆の言い方をすると、

強い日差しや雨風から私たちの生活を守ってくれる守り神でもあるのです。



ところで、ここ数年で、集中豪雨が頻繁に起こったり、

巨大な台風が日本を直撃し甚大な被害をもたらすことが多くなりました。

この写真は、昨年の台風19号の強風で軒先から屋根の半分を飛ばされ、

新たに屋根をつくった南房総市の戸建て住宅です。


左側は既存の軒天で、右側が新設した軒天です。

屋根の下地は合板をほぼ全面に新設しなければなりませんでした。


軒先から屋根の半分が飛ばされるくらいの強風ですから、

相当な強風が吹いたことになります。


なぜ、飛ばされた屋根は半分なのに、合板はほぼ全面だったのか。

スレート屋根が劣化して浸水していたために、

屋根の下地も腐ってしまっていたんですね。


下地が腐ってしまっていては、とても強風に耐えられるわけもなく、

飛ばされてしまったということになります。


強風で屋根が飛ばされてから「屋根を早めに修理しておけばよかった」と

家主さんは仰っていました。



スレート屋根の色褪せが目立ち始めたら、

劣化が始まっていると思って間違いありません。


今年の夏も暑くなりそうなので、

きっと豪雨や大きな台風もまた来るのかもしれません。


屋根の対策は綺麗なうちに点検から始めてみませんか?

屋根にのぼらなくても、ドローンの映像で一緒に確認していただけます^^


スレート屋根のカバー工法は、どうぞみさとルーフに!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みさとルーフ

【埼玉事務所】埼玉県三郷市戸ヶ崎2-243-83

  TEL:048-954-8361 / FAX:048-954-8362

  Mail:funabiki@core-grow.com

【東京事務所】東京都立川市幸町5-20-14

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(「みさとルーフ」は、株式会社Core-Growの運営するサービスブランドです)


8回の閲覧
 

048-954-8361

埼玉県三郷市戸ヶ崎2丁目243番地83

  • Facebook
  • Instagram

©2020 Core-Grow, Inc.