屋根リフォーム

ご希望の屋根リフォームのご相談をいただき、現地調査をしたうえで最善のご提案をさせていただきます
(スレート屋根の部分的な補修工事は、先々にメリットがないため当社ではお請けしていません)

cover01002_R.jpg
fukikae01002_R.jpg
210331 (10)_R.JPG
(塗装)屋根 (1)001_R.jpg

スレート屋根の上にガルバリウム鋼板の屋根を被せるコスパの良い工法

瓦屋根からガルバリウム鋼板の屋根へ葺き替えて屋根を軽量化できます

瓦屋根では瓦の葺き直しや漆喰の補修を定期的に行うことをお勧めします

スレート屋根の劣化が進んでいない場合に限り屋根塗装もお勧めします

 
220510 (24)_R.JPG

厳選した材料でのみ施工するこだわり

​屋根リフォームで厳選した材料のみを扱う理由があります

繰り返し屋根リフォームをする経済的な負担はとても大きく、みさとルーフでは現時点でお客様の経済的な負担を最も抑えた屋根リフォームをご提案しています。その経済的な負担を抑えるために必要なものは、優秀な材料です。

 

カバー工法

​耐久性と品質のいずれも妥協しない材料選び

220610 (1)_R.JPG
220523 (5)_R.JPG
220410 (4)_R.jpg
221020 (9)_R.JPG
220512 (1)_R.JPG
221025_R.jpg
220530 (10)_R.JPG
 

「カバー工法」について

スレート屋根のリフォームでは最も一般的なリフォーム工事です

「カバー工法」とは、既存のスレート屋根の上に、新たに防水シートと屋根材を被せるように葺く屋根リフォーム工事です。既存の屋根を撤去しないため産廃処分費などが抑えられ、スレート屋根の屋根リフォームとして「カバー工法」は最も一般的です。

エコル

天然石付きガルバリウム鋼板屋根材

裸のガルバリウム鋼板と異なり、表面に天然石が吹き付けてあるため、30年の保証が付きメンテナンス不要の優秀な屋根材を使用します。製品保証のほか、美観保証10年がつくなど、対候性・耐久性に優れた屋根材を使用します。

ビオフェルト

粘着式改質アスファルトルーフィング

カバー工法では安全面や防水の観点から粘着式防水シートをメーカーは推奨しています。特に防水面では、粘着層がビスに絡みつくことで浸水を抑える効果がありますので、粘着層を持たない防水シートと比べてもビオフェルトの耐久性は抜群です。

ウッドスター

特殊樹脂押出成形低発泡体

棟板金の施工に必要な木材は、一般の木材ではなく吸水率が極めて低い人工木材を使用します。屋根材の耐久性と同じように副資材の耐久性を高くすることで、棟板金の飛散などを防ぐことができます。

 

スレート屋根のリフォームで主流となったカバー工法。
屋根材と防水シートの特徴をしっかりリフォーム会社に確認することをお勧めします。

221020 (37)_R.JPG
 

葺き替え

瓦屋根からガルバリウム鋼板の軽い屋根へ

200121 (46)_R.jpg
200122 (10)_R.JPG
200122 (1)_R.JPG
IMG_6931_R.JPG
200122 (19)_R.JPG
 

「葺き替え」について

地震対策として重たい瓦屋根から軽量のガルバリウム鋼板に葺き替える件数は多くなりました

「カバー工法」とは、既存のスレート屋根の上に、新たに防水シートと屋根材を被せるように葺く屋根リフォーム工事です。既存の屋根を撤去しないため産廃処分費などが抑えられ、スレート屋根の屋根リフォームとして「カバー工法」は最も一般的です。

​下地の合板を重ね張り

合板を重ねて屋根の強度を上げます

瓦と瓦を留めるための桟木などを撤去して、屋根面を平坦にし、構造用合板を上に重ね張りすることで、葺き替える屋根をしっかり設置できるようにします。既存の下地材の強度が落ちている

​屋根材

ガルバリウム鋼板

カバー工法で標準仕様としているガルバリウム鋼板屋根材の「エコル」を使用します。天然石を表面に吹き付けた屋根材で、鋼板が剝き出しになっていないため塗装メンテナンスを必要としない屋根材です。

防水シート・人工木材

副資材も耐久性を追求します

粘着式の防水シート「ビオフェルト」、吸水率が極めて低い人工木材「ウッドスター」を使用することで、屋根材だけではなく、下に隠れて見えない部分の資材にも耐久性を追求しているため屋根の外も内も長持ちします。

 

重量のあるかわらから軽量のガルバリウム鋼板への屋根へ変えることで、地震対策をされることがよくあります。瓦と異なりズレることがなく、メンテナンス不要であることも喜ばれています。

200122 (10)_R_edited.jpg
 

瓦の葺き直し

瓦もズレを直したり漆喰を補修するなど、定期的なメンテナンスは大切です

201006 (121)_R.JPG
201007 (16)_R.JPG
201130 (23)_R.jpg
210717 (6)_R.jpg
210717 (10)_R.jpg
 

「葺き直し」について

瓦屋根を葺き直すことで屋根からの浸水をしっかり防ぐことができます

​瓦は定期的にズレなどを点検して調整をすることで、屋根をしっかりと守ることができます。点検に合わせて漆喰が崩れているところなどは補修するなど、定期的な点検とともに補修をしておくことをお勧めします。

平瓦

屋根面に並べられる平瓦は風邪であおられた際にズレることがあります。瓦がずれると隙間が大きくなり雨水が入ってしまいますので、台風や突風が吹いた後には点検することをお勧めします。場合によっては割れていることもありますので、その場合は差し替えが必要です。

棟瓦・袖瓦

棟瓦と袖瓦がズレたり落ちたりすることが散見されますので、瓦が落ちていることに気づいたら早めに補修していただくことをお勧めします。棟瓦は熨斗瓦の上にかぶせる場合と、漆喰を高く盛って上にかぶせる場合とあり、落ちたり崩れたりすることがないよう、定期的に点検をお勧めします。

防水シート

瓦の点検で屋根に上がらせていただいた場合は、瓦をめくって下地の防水シートの状態も点検します。防水シートが破れたりしていることが散見されるため、点検の際に防水シートの状態が悪ければ全面の葺き直しをご提案する場合もございます。

 

瓦は屋根に乗せるだけで留めていないためズレたり落ちることがしばしばあります。漆喰も年数が経つと崩れて防水機能が弱まることがありますので、定期的に瓦を積み直すなどの調整や漆喰工事をお勧めします。

210717 (10)_R.jpg
 

屋根塗装

スレート屋根の劣化が進む前までなら屋根塗装が安い!

AC屋根塗装 (3)_R.jpg
AC屋根塗装 (2)_R.jpg
AC屋根塗装 (4)_R.jpg
AC屋根塗装 (1)_R.jpg
AC屋根塗装 (5)_R.jpg