人工木材(特殊樹脂成型低発泡体)

吸水率が低く腐ることのない人工木材で見えない所から屋根の耐久性を高めます

木材の腐朽を克服する人工木材の採用

屋根トラブルの原因の1つに、普通木材の吸水や経年劣化により釘が抜けたり、木材が崩れて棟板金が飛散するといったトラブルが多くあります。積年のこの課題を解決するためにみさとルーフでは人工木材を採用して、屋根材だけではなく屋根全体で耐久性を高めることに注力しています。

人工木材と杉の木材を比較しました

特殊樹脂押出成型低発泡体の人工木材は高温多湿などの過酷な条件に晒されても吸水率や強度変化、寸法変化が非常に少ない耐久材です。水に濡れても腐らないため屋根工事には最適な材料です。
ただし、一般的な木材と比べると価格が高いため、工事用の材料として採用している取扱店はまだまだ少ないのが現状です。

棟を留め付けるための木材の腐朽

​住宅の屋根で最も大切な部位である「棟」の板金を留め付けるための木材が腐って崩れています。積年の吸水等により釘引抜強度も低下していくと、棟の板金が飛ばされる原因となります。棟板金が飛ばされる前兆として、釘が緩み飛び出してきますので、定期的に点検することをお勧めします。

貫板(木材)の劣化と釘抜け・飛散

木材の劣化が進むと棟板金を留める釘が抜けて棟板金が浮き上がってしまいます。大風が吹くと簡単に棟板金が飛ばされるだけではなく、屋根に打ち付けた木材も一緒に飛ばされる危険性があります。棟板金だけではなく木材が屋根も一緒に持ち上げてしまうと雨漏りリスクはさらに高まります。このような状態を未然に防ぐためには、腐らない材料を取り入れることが大切になります。

棟板金の飛散を防ぐための人工木材

みさとルーフでは、人工木材を使って棟板金を留め付け、さらに、棟板金も屋根材と同じく天然石(ストーンチップ)が表面を覆っていますので、棟板金の塗装の心配も不要です。屋根の塗装、棟板金の塗装がともに不要であることに加え、棟板金そのものが耐久性の高い材料であり、人工木材で留め付けているので、一般的な屋根工事と比較しても耐久性は優れています。

 

048-954-8361

埼玉県三郷市戸ヶ崎2丁目243番地83

  • Facebook
  • Instagram

©2020 Core-Grow, Inc.